貸金と総量規制の間違えやすい認識

総量規制では、年収の3分の1を超える貸付を禁止しています。ただ、正確に認識できておらず、お金を借りられず困っている人が少なくありません。
総量規制は消費者金融などの貸金業者のみに適用されていますが、1社に対しての制限ではなく貸金業者全社を合わせた時の制限になります。例えば年収300万円の人が受けられる融資額は100万円までとなりますが、貸金業者A社で利用限度額80万円を借りている場合はB社で新規契約しようと思っても残り20万円までの契約しかできないことになります。また、A社で利用限度額を100万円まで増額してもらうとB社での新規契約はできません。
そして、意外と見落としがちな部分ではクレジットカードに付帯するキャッシング枠も貸金業の範囲となるので、こちらも総量規制に影響してきます。
ただ、先述したように貸金業者のみに適用されるので、年収3分の1を超えていても銀行からは借り入れができます。中には銀行融資も規制の対象になり利用できないのではとあきらめてしまう人もいますが、そんなことはないので消費者金融が無理なら銀行総量規制と言われているものではない融資カードローンをおすすめします。利用しようとしている融資用品のタイプを確認して申し込むようにしましょう。
ちなみに、総量規制は配偶者がいる方なら配偶者貸付を利用することで対策することも可能です。配偶者の年収と自身の年収を合わせて申し込むことができるので、自分の年収が低くても問題はありません。